ページトップへ

恐れ入りますが、ご利用のブラウザは古いバージョンのため、正常に表示されない箇所への対応として一部表示を変更しております。
本サイトを正常に閲覧するには、最新のバージョンへアップデートしてご覧いただきますようお願いいたします。
サイトメニューはページ最下部のメニューをご利用ください。

カート  ログイン  お問い合わせ窓口

■ 検索はこちらから

 

休業のお知らせ

TOP >>  ENDURANCE オリジナル製品情報 >>  ENDURANCE グリップヒーター



よくあるご質問

グリップヒーターHG

特徴1

特徴2

115mm

120mm

125mm

専用セット一覧(取り付けに便利なパーツが付属)

車種 グリップ長 セット価格
HONDA
タクト・ベーシック 115mm ¥11,800
ZOOMER-X 115mm ¥9,300
Dio110 ('11.7〜'15.2) 115mm ¥9,300
Dio110 ('15.3〜) 115mm ¥11,800
スーパーカブ110 ('17.11〜) 115mm ¥11,200
スーパーカブ110 ('12.3〜'17.11) 115mm ¥9,300
クロスカブ110 ('18.2〜) 125mm ¥11,700
クロスカブ ('13.6〜'18.2) 125mm ¥11,300
LEAD125 ('17.12〜) 115mm ¥10,600
LEAD125 ('13.7〜'17.11) 115mm ¥ 9,100
CBR125R 120mm ¥10,900
PCX / 150 ('18.4〜) 115mm ¥9,300
PCX / 150 ('14.4〜'18.4) 115mm ¥9,300
PCX / 150 ('10.3〜'14.3) 115mm ¥10,000
GROM 120mm ¥10,200
FORZA Si 120mm ¥10,200
CB250F 120mm ¥9,300
CBR250R 120mm ¥10,900
CBR250RR 120mm ¥15,800
VTR 120mm ¥10,900
CB400SF / SB ('15.2〜) 120mm ¥9,500
CBR400R('13.4〜'16.2) 120mm ¥10,900
CBR400R('16.2〜) 120mm ¥11,300
CB400F/ 400X 120mm ¥ 9,300
CBR650F 120mm ¥9,500
NC700S / X 120mm ¥9,500
NC750S / X 120mm ¥9,500
CBR1000RR('17.3〜)【2BL】 120mm ¥16,800
CB1300SF / SB ('16.3〜) 120mm ¥9,500
車種 グリップ長 セット価格
YAMAHA
シグナスX SR (SE44J) 115mm ¥10,900
シグナスX SR (SEA5J) 115mm ¥10,900
NMAX / NMAX155 120mm ¥11,800
トリシティ 120mm ¥11,300
マジェスティS ('18.2〜) 120mm ¥10,800
マジェスティS ('13.10〜'18.1) 120mm ¥10,100
YZF-R25 120mm ¥10,600
MT-07 120mm ¥9,300
MT-25 120mm ¥10,100
XSR900 120mm ¥10,800
KAWASAKI
Z125 PRO 115mm ¥10,100
Ninja250('13〜) 125mm ¥11,800
Z250 125mm ¥10,900
Ninja400 125mm ¥11,800
SUZUKI
GSX-S125('17.10〜) 115mm ¥10,100
GSX250R 120mm ¥14,500

グリップヒーターHG130 1インチ

特徴1

特徴2

1インチ

アルミグリップヒーターHG

特徴1

特徴2

メッキ

ブラック

専用セット一覧(取り付けに便利なパーツが付属)

車種 メッキ価格 ブラック価格
HONDA
クロスカブ110 ('18.2〜) ¥15,200 ¥15,200

グリップヒーターが取付けにくい。

一度配線を接続してグリップヒーター自体を暖め、グリップをやわらかくしてから取付けて下さい。
目安としては3分程度ですが、取付け環境によっては時間が異なるので、様子を見ながら暖めて下さい。

取付けたグリップヒーターを外したい。

取付ける時には緩まないように接着剤などを塗布している為、外すことは出来ません。
無理やり外そうとすると故障の原因になるのでおやめください。

2台の車両に取付けたが、暖まり方が違う。

車両のバッテリーの状態や容量、車両の発電量の違いによって暖まり方が異なる可能性があります。
また、グリップヒーターを接続している配線の場所によっても、暖まり方が異なる可能性があります。

暖まりが弱い。

排気量が小さい車両でバッテリーの容量や発電量の少ない場合、レギュレート機能が働いたり、暖まりが弱くなる可能性があります。
また他の電装部品が取り付けられている場合も同様です。

左と右で暖まり方が違う。

左側はハンドルに直接取り付ける為、熱がハンドルに逃げやすい傾向があります。
また、グリップ自体も左側はゴムの厚みが大きい為、右側と比較すると暖まり方に差が出てしまう可能性があります。

制御スイッチの液晶部分に何も表示されない。

電圧・アースを取得している場所の接続不良、またはカプラーが奥までささっていない可能性があります。